虹のこども園の一日の流れ

9:00~9:30頃
「もうひとつのみんなのおうちへ、おはようございます」
登園
それぞれのご家庭のペースで、登園していただけます。


9:00~10:45頃
「没頭して遊び込む。手を使い、身体をつかってはたらく。」

自由遊び (おやつ)
登園してからお片づけになるまで、たっぷりと自由遊びを楽しみます。
こどもたちは、素朴な自然物のおもちゃと、異年齢のお友達との関わりを通し、たっぷりとファンタジーの力を育みます。

また、遊びに没頭しながら、心と身体が無理なく一致し、様々な運動能力が育まれます。
大きなついたてや積み上げられる椅子を使って、ダイナミックな遊び場作りも展開します。

☆10:00頃、おやつの準備ができあがります。
 自由遊びの中で、こどもたちがそれぞれのタイミングでお台所のちいさなちゃぶ台におやつを食べに来ます。
おやつは、季節の果物やふかし芋、おやき、おだんご、葛もちなど、素朴な手作りのものを心がけています。

☆ひとりの先生はこの時間に、教室の片隅のお台所でおやつやお給食を作っています。
 こども園では先生は、みんなのお母さん。
 お母さんである先生は、いつもたくさんのこどもたちのために、何かしら「手を使って」働いています。
 お給食作りは、こどもたちも自主的に手伝うことができます。
 「やりたい」とこどもたちが言った時に、すぐ「これをお願い」と言える環境を作っておくのも、大人の仕事です。

☆火曜日は、にじみ絵(水彩画)の日です。
 濡らした画用紙の上で、思い思いの色遊びを楽しみます。
 これは、一年を通して毎週行います。
 静かに集中して色彩と一体化する時間を楽しむ、こどもたちのお楽しみの時間。
 どの子も、絵を描くことが大好きです。

☆季節の手仕事
 季節ごとの手仕事は、この自由遊びの間に取り組みます。
 課題として、一斉に声がけして取り組ませるということをしていません。

こどもたちの傍らで、先生が何やら作り始めると、子どもたちは寄って来て、必ずこう言います。
 「何してるの?」「ぼくもやる」 
 こうした、子どもたちが自ら「やりたい」と発動する気持ちを大切にしています。

もちろん、自分の遊びに没頭して、なかなか手仕事に興味を示さない子もいます。
 そうした子どもには、みんなが数日かけて作りあげた最後に、
 「みんなで飾るから、○○くんのも作ってみよう」と誘います。
 ひとつ作るのがやっとの子もいます。作るのが面白くて、いくつも仕上げる子もいます。
 こうして、それぞれの子どもが、それぞれのペースで、「手を使って暮らしに必要なものををつくりあげる」という、人間の営みの根幹を体で会得していきます。

10:45頃
「お片づけの時間です〜 お片づけを始めます〜♬」

お片づけ
**********
先生が、どこからか聞こえてくる小鳥のさえずりのように、お片づけのうたを唄い出すと、お片づけの時間です。
10:45というのは、大人が目安にしている時間。教室の片隅にひっそりと置いているちいさな時計はありますが、
こどもたちには、暮らしの時間を時計の針で区切るような導きはしていません。
「時間になったからお片づけよ」とも言いません。
人生の最初の乳幼児期は、人間が便宜のために作った時間軸にくくられずに、
命の呼吸とともに一日がすすんでいくような、そんな流れを大事にしています。

「もっと遊びたい!」という声ももちろんあります。
「それでは、あともう少しどうぞ。先生たちは、こちらから片付けておくわね。」なんて話しながら、
片付けを進めて行くと、自ずとこどもたちも没頭してつくりあげたファンタジーの世界から、
無理なく少しずつ「帰って」きて、お片づけを始めます。
シルクの布は、「天まで届け〜」と唄ってゆらゆらしながら、遊びひもは「でんでん虫のおうちは面白いおうち〜」と唄って
ぐるぐる巻きながら。
片付けもまた、遊びのひとつ。からだをよく使い生活動作を身につけて行く大事な時間です。
遊び込んでおもちゃが散乱しているお部屋が、決められた場所へ、きちんと美しく収まった部屋に戻すことにより、
世界の正しい秩序の在りよう、整理された思考の基本を、日々の習慣から学んでいくのです。
こうしたことが、学齢期以降の学習能力の基盤となります。

11:15頃
「ろうそくをともして、朝のおあつまり」

おあつまり/ライゲン
*************
お部屋がすっかり片付くと、皆で輪になっておあつまりの時間です。
ろうそくをともして、ひとりずつよい香りのするオイルを手にもらいます。
ちいさな歌や手遊び、ゆんたの穴蔵に住んでいると言うこびとたちとのやりとりを楽しみます。
自由に発散して遊んだあと、こうして皆で集い、先生のお話に耳を傾ける時間は、呼吸に例えると「吸う」時間。
吸いっぱなしも、吐きっぱなしも、どちらでも呼吸は続かないように、こどもたちの暮らしには、この呼吸のバランスがとても大切なのです。

☆ライゲンについて
おあつまりの後は、部屋を広くして「ライゲン」と呼ばれるお遊戯を毎日行います。
ライゲンは、教師の手作りのうたや言葉とともに、季節をめぐる暮らしに伴った動作を、芸術的に再現したものです。
これらは、覚えて行うものとは違って、ひたすら先生の動きを模倣する、ということを繰り返して楽しみます。
梅雨の時期には「雨降り」のライゲン、梅雨が明ければ「七夕」のライゲン、晩秋には「冬ごもり」のライゲンと、季節を追って2〜3週間ずつ同じライゲンを繰り返し楽しみます。
クリスマスの時期には、聖誕劇をライゲンの時間に行います。この劇遊びはを、こどもたちは毎年とても楽しみにしています。

11:40頃
「おひさまに会いにいこう!毎日お外に出かけるよ」

外あそび/お散歩
**********
年間を通して毎日外遊びをたっぷり行います。
こども園には、ウッドデッキのある小さな園庭があります。
畑もあり、様々な野菜を育て、お給食でもいただきます。
お父さん方の手作りの砂場もあり、泥んこになって遊びます。
夏には、ビニールプールも登場します。
また、外ではのこぎりをひいて木工作業をしたり、夏には水着になって粘土作りを行ったりもしています。

お天気のいい火曜日には、お散歩にも出かけます。
宮の杜公園、案内公園、新田公園など、日によって行き先は変わります。

12:40頃
「おいしいごはんの時間です」

お給食/お弁当
********
こども園の給食は、シンプルに玄米菜食の一汁二菜が基本。
月曜日はスープと雑穀玄米ご飯、水曜日はお味噌汁と小豆玄米ご飯です。
玄米には必ず、梅干し、ごま塩、そして春夏には焼き海苔、秋冬には鉄火味噌が添えられます。
味噌と梅干しは、保育の中でこどもたちと手作りです。
材料は、無農薬有機栽培のものを優先的に使用しています。
原発事故以降は、食材については検出限界5bq以下で検査されて不検出のものを使用しています。

おかずは、きんぴらごぼうや、レンコンステーキ、かぼちゃの煮物に青菜のおひたしなど、素朴なものがほとんどです。
「ゆんたで出るものは、何でもおいしい!」と、こどもたちは給食が大好きです。
お野菜の苦手な子も、自然と食べ進むようになるので不思議です。
素材そのものの味覚をしっかり感じてもらうことを大事にしています

13:10頃
「歯磨き上手にできるかな?」

歯磨き
*********
食事を終えて、お皿やお弁当箱を片付けた子から、歯磨き。
食後の歯磨きは、大切な習慣です。
磨き足らない子は、先生の膝の上で磨いてもらうことも。
それも終えると、全員が食べ終えるまで、主教室から一段高い
「ひかりの部屋」で折り紙や、みつろう粘土、ビーズ通しなど。
手を使い、静かに遊んでお友達が全員食べ終えるのを待ちます。
食事のペースは、それぞれ。ゆっくりの子も、焦らずに食事ができる工夫です。


13:20頃
「今日はさよなら、また明日」

帰りのおあつまり 
おはなし/人形劇
**********
お部屋のカーテンをしめて、ろうそくを灯し、輪になります。
園での一日を締めくくる、お話の時間です。
お話の時間は、日本や世界の昔話の素話が中心です。
道徳的な寓話は避け、ファンタジーのある良質のお話を選んで、
同じお話を2週間ほど繰り返して聞きます。
同じお話を何度も繰り返し聞く事で、お話がこどもたちの心身に染み、内面を育てます。
これは、どの民族でも人類が古来より子育てで大事にしてきたことです。
そう、いろりを囲み、もしくは寝床の中で繰り返し聞いた「おばあちゃんの昔語り」です。
現代の子どもは、刺激的な映像に晒されて、耳だけでお話を聞き取る力は弱まっています。
しかし、「耳を澄ます」力は、成長した後に自分自身の内面の思考に「耳を澄ます」力になる、
とても大切な力です。
内的な静けさを培いつつ、内面に広がるファンタジーの畑を耕していきます。
季節ごとに、先生の手作りの人形による素朴な人形劇も楽しみます。
こうした時間は、こどもたちの魂の栄養になる時間です。

降園
********
お帰りのお歌を歌い、お祈りをしたら、降園です。
ひとりずつ、お名前を呼ばれた子から先生に抱っこされて、さようならをします。
玄関では、大好きなお母さんがお帰りを待っています。